ものづくりの後ろには人がいる。The CraftsMan 1000 は、職人や伝統工芸のプロフェッショナルに会えるWebサイトです。

青柳真/ 有限会社丸三漆器 企画・営業

島本健一郎 / 有限会社島本石材工業 代表取締役 石工
◆ 趣味は何ですか?

地元の友人たちで集まり、バーベキューや鍋をする事です。夏はバーベキュー、冬は鍋、趣味と言える程好きですね。時間ができた時は、バーベキュー用品を探したり、旨そうな肉を探したりしています。特技は焼き鳥の串打ち!

 

◆ 仕事において気を付けていたり、気にかけていることは何ですか?

職人さんが作る事に集中できる環境を作る事です。漆、木地、金箔など材料が足らなくならないよう仕事が終わった後の時間を使い準備します。お客様からの注文ではオーダー品も多く、職人さんに正確に伝わるようオーダー内容を文字や絵にして、わかりやすく正確に注文書に起こす事にも気を付けています。
あとは、営業として外に出る事も多いのですが、書類の作成や商品の包装作業、事務仕事など仕事内容は多岐に渡るので、自分の仕事の進捗状況を把握できるよう管理しています。

 

◆ 秀衡塗の魅力は何ですか?

浪漫があります。秀衡塗は定説として藤原秀衡が京より職人を呼び作らせた漆器とされていますが、発祥についての文献が残っていません。なのでそのミステリアスな漆器「秀衡椀」は様々な想像をさせます。平安時代、平泉の豪華絢爛な生活、産金による豊かな民の暮らし、藤原氏の滅亡・・・「秀衡椀」はその時代の流れを見てきたのか?秀衡塗の魅力は形、意匠もそうですが、浪漫があるという事が最大の魅力だと思います。

 

有限会社丸三漆器
http://hidehiranuri.jp/